ネイリストになるには爪の状態と健康状態の知識も必要

ジェルネイルがここの所急速に人気が出ています。多くは若女性がおしゃれの為に行っていますが、爪の強化になるという事でスポーツ選手などにも好まれて使われているようです。

 

ジェルネイルは爪を保護することもできますが、安価で品質良くないものを使うと逆に爪を傷めてしまうこともありますから注意が必要ですね。

 

爪は身体の健康を測るバロメーターだという医者もいます。それは指先には毛細血管が多く集中しているので、その血流の色が爪の色として現れるからなのです。
爪は通常でしたら薄めのピンク色が多いでしょう。
しかし、体調が悪いと血色が悪くなって爪の色も悪くなるのです。特に貧血を起こしていると、爪の色が悪くなりますが、これは毛細血管の中のヘモグロビンという赤血球が減っている為でもあります。
爪に縦線が強く出ている場合も注意が必要です。通常の爪には薄く縦線が出ていますがコレが濃くなると血行障害の可能性があります。
また、横線が入っているのを見たこともあるでしょう。この場合は、ストレスによる体調不良が考えられます。
しかし、爪が黄色くなっている場合は病気ではなく除光液の使い過ぎで変色している場合もあります。
この場合は病気ではないので、その変色した爪が伸びるまで待つしかないようです。
爪を強く打った場合は爪に白い斑点が出ますが、これは内出血のようなものなので健康とは関係ないこともあります。

 

爪を見て自分の健康状態を正確に知るのは容易なことではないので、専門医に相談した方が良いでしょう。

 

ネイリストの求人