ジェルネイルをする前の下準備方法

ジェルネイルはプロのネイリストに行ってもらうと週1度のお手入れだけで約1か月は持つといわれています。
ジェルネイルはプロに頼むのが主流ですが、自宅で簡単にできるセットもこの頃では販売されています。
自分でジェルネイルを行う時の注意点の一つが下準備です。

 

爪は基本は爪切りできるのではなくて、やすりを掛けましょう。爪切りを使用しての爪のお手入れは簡単ですが爪の表面に細かい傷をたくさんつけてしまいます。

 

ジェルネイルはソフトタイプとハードタイプがあり、爪にやさしいのがソフトタイプです。
ジェルネイルを付ける前に、まずは爪の表面を磨きます。これはジェルネイルの定着を良くする目的があります。更に、酸性液を塗ることもあります。

 

その後甘皮と呼ばれる爪の根元の半透明の角質を取ります。この部分の処理をしっかり行わないとジェルネイルが剥がれてきてしまう場合があります。
爪の根元にキューティクルリムーバというものを塗り10分くらいおいて甘皮を取るのです。
甘皮の下の爪の部分はニッパーなどで古い角質を削り取ることも忘れないようにしましょう。
最後にクレンザー等で爪を綺麗に保つようにします。

 

ジェルネイルを塗る前に、油分や水分が爪についているとはがれやすくなりますので注意が必要です。

 

セルフジェルネイルのやり方
短期間でなるべく安くネイリストになるには