セルフジェルネイル〜ジェルネイルのハードジェルとソフトジェル

ジェルネイルはジェルを使用したネイルの事です。
ジェルにはソフトタイプとハードタイプがあり、目的に合わせて使用することが大切です。
ソフトタイプは良く使われるジェルで柔軟性に優れ、硬さも段階を付けていろいろと種類が出ています。
人工爪を作りたいときにはソフトタイプは柔らかすぎるといわれていますが、中には硬めのものもありますので選ぶときに注意が必要です。カラーもハードタイプよりも豊富に選べます。
下準備も爪につやを出しておくことくらいで、ハードタイプの様に酸性液は必要ありません。
しかし、トップコートを必要とするものがあること、値段が高価なものが多いことが難点です。

 

ハードタイプは長い人工爪を作るのに適しています。強さと硬さがあり衝撃に弱くてかけてしまうこともあります。また、カビが発生することもあります。
柔軟性が少なく、溶液に溶けないために取り外す時には削り取る必要があります。しかもつける時には爪の表面を削って酸性液を塗って定着させることが必要です。
扱いにくいハードタイプのジェルは一度つけたらあまり取り外しをしないような硬い爪を作りたいときに便利です。

 

セルフネイルで趣味でネイルを楽しむのも素敵ですが、スクールでレベルアップするのもありですよね。
ネイルスクールといってもたくさんありますが、例えば東京や大阪では人気も実績もあるネイルスクールがありますのでそちらを参考にしましょう。
東京のネイルスクールの選び方
大阪のネイルスクールの選び方